About

DSC_5223 (2).jpg

 

 

プロフィール 

 

 革小物作家  浦田 秀信


子供の頃から物作りや絵を描くのが好きで、裁縫が好きな母の影響で、フェルトのマスコット作りにも一時期夢中になる。

 

趣味で通い始めたレザークラフト教室をきっかけに、オリジナルの革製品を販売したいいう夢を抱き、その後は独学で技法を習得しイベントなどでオリジナル作品の販売を開始する。

 

現在は、豊富なカラーの中から好きな色を組み合わせて作るパターンオーダーを中心に、ユニセックスな商品を販売。

相談に応じて、フルオーダーでの製作も行う。

 

シンプルながら、センスの良い、こだわりのある大人に似合う作品づくりを目指す。

 

  


DSC_3808  750px.jpg
 

ー 作品について 

  

気に入ったものを長く使いたいという自身の思いから、革や金具、ホックに至るまで吟味した素材を使用し、シンプルで使い勝手の良い作品に仕上げています。

 

主に使用している革は、ベジタブルタンニンなめしという革で、じっくりと時間をかけて鞣された革です。革の持つ自然な風合いを残しているため、傷が付きやすい面はありますが、使用するに連れて色の深みと味わいが増し、革を育てる楽しみがあります。

 

縫製にもこだわり、糸の締まりが良い旧式のミシンを使用して、綺麗な縫い目に仕上げています。

 

通常、財布や小物類などの裏地にはナイロン系の裏地は使用せず、革張りにすることにより丈夫で触感も良い作品に仕上げています。

 

コバ(革の断面は)の多くは磨き仕上げにしています。ミツロウを染み込ませながら磨くことで丈夫なコバに仕上げています。